抵当権抹消パック

有効期限2021年10月29日

基本料金 10,000円(税込み11,000円)実費別)/ 抵当権1件
サービス内容 ・金融機関住宅ローン完済後の抵当権抹消登記申請(県外の不動産も可)

条件
(右条件をすべて満たすこと)

 

オプション追加料金**
で条件外も対応可能

・本人予約来所限定・来所は初回1回のみ(予約は平日お電話で)
・不動産2個以内
 (例:土地1と建物1で計2個
    マンション専有部分1敷地権1で計2個)増える場合は後記参照
・金融機関住宅ローン完済後から1年以内
・金融機関からの必要書類が全てそろっていること
・登記完了まで日数的余裕がある方
・登記上の住所氏名に変更が無い方(変更がある方は別途変更の登記を承ります)
・土地・建物の所有(共有)者が同じであること

登録免許税その他実費

登録免許税が別途かかります(不動産1個につき1000円)
 例:土地1筆、建物1個の場合、2000円
 (自分で登記しても同じです)
・郵送料、登記情報取得費用などの実費は別途請求します。
 例:郵送料1560円、登記情報取得332円×(不動産個数+抵当権者数)、登記事項証明書500円×不動産個数

個人が銀行系住宅ローンを完済した後の抵当権1件の抹消サービスです。 

追加料金具体例
・管轄内の土地が一筆増えるごとに上記報酬に2000円(税込み2200円)加算。土地は一つに見えても、登記簿上は複数に分かれている場合あり。
・土地と建物の所有(共有)者の構成が異なる場合は、5000円~加算あり。
*住宅ローン以外の抵当権の抹消など、上記以外のケースは、資料をお持ちのうえご相談ください。注意:銀行の抵当権1件の他、住宅金融支援機構の抵当権が1件ある場合は、2件分、およそ2倍の金額となります。

・不動産登記記録上の氏名住所が、現在のものと異なる場合は、あらかじめ氏名・住所の変更登記が必要です。別途料金がかかります(およそ抵当権抹消料金と同額)


緊急事態宣言解除如何を問わず、営業内容の変更は継続します。完全事前予約制・マスク着用・換気による寒暖差対応にご協力を。
トップへ戻る