遺言書作成
遺言は法律で決まった要式で作成する必要があります。あなたの「遺したい」気持ちをサポートします。 料金がわかりやすい遺言作成サービスセットあり。

遺言作成は思い立ったが吉日
仲が良いから大丈夫、ハンコぐらい協力するよ、と言っている相続人も、高齢化の時代、いざ、というときには認知症が進み、実印登録すらできない状況になっているおそれがあります。海外居住などの国際化が手続きを煩雑にする場合もあります。
そんな心配はないよ、という方も、人生最後にあなたの好きだったことに関する分野に、1万円でも、5万円でも、遺贈寄付する遺言書を作成してみませんか?
気持ちが変わった場合、遺言書は何度でも書き直すことが可能です。

ご相談下さい。

公正証書遺言作成サポートセット

有効期限 2024(令和6)年5月10日

セット料金 50,000円(税込み55,000円)別途、公証人手数料(実費)・証人報酬がかかります
サービス内容

・作成内容の相談

・遺言原案作成

・必要書類の取得

・公証役場同行・スケジュール調整

条件

・事務所ご予約来所者限定

・作成希望者本人からの相談のみ

・相続推定財産3000万円以下

・緊急性がないこと。

・遺産を受け取る方が2名以内で遺産項目が2点(超える場合はご相談ください)

その他

・内容が簡易なものについては、さらに減額調整します。

「印鑑証明書」はご自分でご用意ください

・証人をこちらで用意する場合、1名につき別途1万円(税込み11,000円)+交通費(証人は2名必要)

・推定相続人調査のための戸籍等取得に関する費用は別途請求

公証人手数料が別途数万円かかります(価格は法律で決まっています)

 公証人手数料の具体例:2000万円の不動産を妻へ、2000万円の預貯金を長男へ相続させる場合 57,000円、プラス正本・謄本代として数千円。

遺言書作成とともに、「尊厳死宣言公正証書」作成サポートもいたします(例えば、死期を延ばすだけの延命措置の拒絶、苦痛緩和最大限希望、胃ろうの拒絶など)。

 

自筆証書遺言保管制度

自筆証書遺言保管制度については こちら

 

金融機関での面倒な相続手続は、銀行出身司法書士小宮愛子へおまかせください。

プチ遺贈寄付

寄付というと、富裕層だけの話、と思われがちですが、現金1万円でも遺言書で遺贈寄付が可能です。

 

例えば、猫が好きだった方が、地域の保護猫活動をしているNPO法人に10万円を遺贈寄付する、とか
若い頃に本を買うお金がなくて市の図書館によく通ったという方が、市に用途を指定して10万円を遺贈寄付するとか

 

人生最後に、あなたのお金を、あなたが好きだったことに使うことができる遺贈寄付、それが社会貢献にもつながる、
遺言書を作成する際には、プチ遺贈寄付を考えてみてはいかがでしょうか?
寄付先を選ぶこともきっと楽しいと思います。

完全事前予約制・換気による温度差対応にご協力を。